写真素材サイトLoginoneの 作家の人格権に関して

自分に合わない作品に悩むこと

誰でも自分の性格を否定されたり、自分の人格を曲げられることは嫌いますね。例えばA作品は類似していても関係をよくできたのになぜB,C作品だけ訴えられることになるのか疑問ではないでしょうか?その一つに著作者の人格権があります。作家の作品を忠実、またはイメージにあった作品を作ることは法律で定められています。先ほども出した天空の城ラピュタのような音楽には恵まれなかったと。もちろん作家のレベルにも関係してるのかもしれませんが、作品とラピュタの音楽を聴きながら何度も涙が流れました。でも、彼女の関わったというか類似だとしても作品にはそういったシリアスな表現つまり涙が流れるような描き方はされていません。だけどA作品は許されたというか好意的に思われたのは、決して感情とか私情ではなく、映像の描き方だといいます。SNSやブログを作家が一斉にやめた理由に自分の顔のコンプレックスらしいです。どんなコンプレックスかというと馬鹿そうに扱われやすい。自分はなぜ、性格や作品とは違い、見た目があぁなんだろうと何度も悩み映り方が嫌いになったそうです。もちろん、スマホで何の用意もせず、とった写真だとしても、その写真で作品を決められたり、性格や人格を決められるのは悲しいし、嫌ですよね。作品は心の鏡だと言われます。綺麗なセンセーショナルな作品であっても、そのバックミュージックがおちゃらけた曲だと合いませんよね?最近、安楽死が問題になりましたが、長年の一部からの人格否定もあり、作品が生きなかったことに悩んでいたと。つまり、ここまで追い詰めてられていたことを忘れさせようとした行為がおちゃらけだとしたら、それがさらに追い詰めたのです。決して写真一枚や、普段の言動と自分の中にあるもう一つの自分の姿は一致しないこと。ということでしょうか?

Our Team

繋がった絆は一生の宝物。でも、簡単に壊れることもあるだろう。こんなことを聞いた人は嫌いになるだろうって思って言わないままでいること、嫌われても、伝えること、勇気がいることかもしれない。だけど、本当の絆はきっとどこかにある。見つけられただろうか。

Translate »